2016年07月03日

あなたも”映画カントク”WS〜脚本編〜を開催しました。(7/3)

7月3日(日)に
あなたも”映画カントク”WS〜脚本編〜を行いました。

本日の講師は、脚本家の高橋祐太氏に東京からお越しいただきました。
P7033338.JPG

はじめに高橋さんが脚本された作品の上映を見せていただきました。

「脚本は誰でも書ける」とのことで、高橋さんが書いている脚本を実際に見ながら
脚本の作り方の基本を学びました。
P7033339.JPG
小説と違うところは、心理描写を書かないというところです。
泣くという動作にしても、いろんな泣き方があります。
涙をころえているのか、わんわん泣いているのかというものをキャラクターに合わせて
文章化していきます。

脚本を作るときにとても重要になってくるのが「起承転結」です。
わかりやすいものでいえば、4コマ漫画ですね。
いかにインパクトがある出だしを考えるか、ということが大事だそうです。

P7033340.JPG

脚本について楽しくお話ししてくれた高橋さん、参加してくださった皆さんありがとうございました。

次回は9/22(日)10:30-16:00で「ロケハン編」となります。
歩いて四日市の絵になる場所を見つけよう!
興味のある方、ぜひお越し下さい。

【報告:O】
posted by すわ公園交流館スタッフ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175921450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック