2015年06月05日

四日市まちづくりカフェを行いました(5/27)

5/27(水)19:00〜 四日市まちづくりカフェをおこないました。

P1490294.JPG
四日市まちづくりカフェとは、四日市の街を知りみんなで四日市について考える勉強交流会議です。

今回のテーマは「四日市の救急医療の現状について」
救命救急シリーズとして先月と今月二回に分けて行われた救急医療講座。
後半の今回は四日市消防本部の観点から救急医療について教えて頂きました。

ゲストスピーカーは、
四日市市消防本部 救急救命室長 太田 清美氏
コーディネーターは
小林 慶太郎先生(四日市とんてき協会代表理事)

P5271398.JPG

講座の前半は太田さんに、消防の業務・活動の紹介、四日市消防として力を入れていることや、救急ワークステーションについてお話し頂き、後半は2グループに分かれて、今回のテーマについて話し合い発表しました。

<救急ワークステーションとは>
医療機関に救急隊員が常駐し、病院内にて処置の補助などの研修を行いながら救急出動の要請があった場合に病院から出動するもので救急隊員の知識技術の向上を目的とした教育の拠点である。

四日市市の場合は平成26年度から本格運用が開始されています。救急救命士を含む救急隊員3名の方が救急車で市立病院にいらっしゃって医師・看護師等の方から処置の補助等の研修を受けられながら、救急出動の要請があった場合は病院から出動され、救急隊員の方々の知識・技術の向上を目的とした教育の拠点となり、救命率の向上を図ろうとされています。救急隊員の方たちの処置技術が向上すると、高度な救急サービスを私たち市民は受けることができます。

☆救急車の適正利用と応急処置の実施率の向上
救急医療に携わる方は、救命率の向上のために様々な取り組みをされています。日常生活を送る上で起こりうる病気や事故を防ぐための予防の指導(熱中症・生活習慣病の指導等)、救急車が来るまでの応急処置の講習会。救急医療・救急車は大変ありがたい存在ですが、限りがあります。本当に救急車が必要な人に使ってもらうためには、適正利用をするためにはどうしたら良いのでしょうか?救急現場における心肺蘇生・応急処置を実施してもらうためにはどうしたら良いのでしょうか?後半はこの2点について参加者が話し合いアイデアを出し合い発表しました。

P5271395.JPG

*救急車を正しく使うために
参加者から出されたアイデアは
・救急車を呼ぶ判断基準を地域で学ぶ機会があると良いと思う。子供は小・中・高・大で、大人は企業内の研修または自治体で。子供の頃から避難訓練のように繰り返し訓練する事が必要ではないか。いざ、という時に動けるようにすることが必要。当たり前のように条件反射で動けるようにしておく。

P5271402.JPG

*市民による現場での応急処置を実施してもらうために
参加者から出されたアイデアは
・講習日の日程をもっと広くわかりやすく告知する必要があるのでは
・講習の受講者の範囲を小学生から受けられるようにしたらどうか
・実際の場面に応じた講習内容が必要ではないか
・救急隊員の経験談を聞く機会を設けてはどうか

P5271393.JPG

実際に応急処置が必要な場面を経験した参加者の方が、「応急処置の講習を受けていても、いざとなると動けなかった。どうすれば動けるのかとても悩んでいる。講習等でシュミレーションができると良いなと思う」と話してくださいました。

P5271388.JPG

太田さんは、子供の頃から応急処置に触れてもらうためには、学校の先生に心肺蘇生普及員の資格をとってもらい小・中・高と段階的にしてもらうことが必要かも、とおっしゃってました。また、応急処置が必要な場に遭遇した時に動くためには、「何度か講習を受けてもらうことが必要、いざ、という時が一生に一回かもしれない、その時に動けないと意味がない。もし、処置をするかどうか迷ったらやった方がよい、例え心肺蘇生が完璧でなく助けられなくても、やらずに助けられなかったら、あの時やっておけば、と悔いが残る。見ず知らずの人でも声をかけてあげるだけでも違う。できることだけでもやってほしい。」と、話してくださいました。そして、救急車の適正利用・応急処置の普及をこれからも地道にやっていきます、とおっしゃってました。

二回にわけて行われた救急医療についてですが、大切なことなのに知らないことがほとんどでした。救急救命に携わる方たちが、救命率の向上のために様々な取り組みをされていることがよくわかりました。受けることのできるサービスを当たり前だと思わずに自分に本当に必要なのか考えること、また、普段の生活で予防できることをしてみよう、と思いました。

救急現場における様々な貴重なお話しをきかせて下さった太田さん、ありがとうございました。
毎度皆が話しやすい雰囲気作りをしてくださる小林先生、ありがとうございました。
まちづくりカフェに参加して多くの意見やアイデア経験談を話してくださったみなさん、ありがとうございました。

次回のまちづくりカフェは
6月24日(水)19:00-21:00 
テーマ「プラネタリウム」〜四日市は世界一たくさん星が見える場所?〜


ぜひ、御越し下さい。
おまちしております。

【報告:f】





posted by すわ公園交流館スタッフ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137971356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック